風土への眼差しと動物福祉との融合

顧客の重要性を強調する古いことわざに、「お客様は王様である」というものがあります。オランダのウィレム・アレクサンダー国王の誕生日に。農家の話を共有する以外に何か他に選択肢があるでしょうか?1992年以来、レリー・ベネルクスの仲間たちは、オランダのブレスケンスグラーフにある家族経営のヴァン・デン・ベルグ農場と取引をしてきました。現在、この農場では110頭の搾乳牛を飼養しており、搾乳と給餌をサポートするレリー社のロボットも活躍しています。

アド・ヴァン・デン・ベルクとグレタ・ヴァン・デン・ベルクにはレリーとの強い結びつきがありますが、それは単に彼らのレリー導入ベースが素晴らしいからだけではありません。アドはレリー テクノロジーズのカレル・ヴァン・デン・ベルグ元取締役の弟であるだけでなく、ブレスケンスグラーフにある農場は、最初のアストロノート搾乳ロボットの開発が行われた場所でもあります。アドとグレタは、世界で初めてアストロノートを使い始めた真の革新者でした。まさに人生を変える存在です:「私たちの1日は朝7時ごろから始まりますが、以前は朝5時に起きて、すべての牛の乳を手で搾らなければなりませんでした」とアドは振り返ります。

レリーの革新的なソリューションは、ヴァン・デン・ベルグ一家の美しい職業を支えてきました。「環境に優しく、気候変動に左右されない環境を作り上げると同時に、高いレベルの動物福祉を維持し、さらに向上させることで、私たちの将来の野望を達成するために、技術革新がサポートしてくれると確信しています」とアドは締めくくりました。

上部