1948

Lelyの創立

フィンガーホイールヘイレーキの発明後に設立されました。

1948

1958

Lely シングルディスクスプレッダー

現在でもアメリカで生産・販売されている、全くユニークな人工肥料散布機

1958

1965

Lely ロータスフックタイン

独自設計によるテッダータインが、牧草をより速くそして均等に反転させます。

1965

1968

Lely terra パワーハロー

Lely terra パワーハローの開発は、Lelyの企業としての大きな躍進と国際化、そして前例のない売り上げの伸びをもたらしました。

1968

1983

モジュール方式カッターバーのコンセプト

このカッターバーは、他のどのカッターバーよりもギヤ数が圧倒的に少ないため、優れた出力と燃料の節約が実現されます。

1983

1992

Lely Astronautの第一号機が稼働

Lely Astronaut搾乳ロボットの試作機を公開しました。酪農家は、これが20世紀の酪農家にとっての最も重要な発明であると認識しています。

1992

1995

Lely Astronautの正式な市場導入

Lelyは、ロボット搾乳システムにおける革命を市場にもたらしました。

1995

1997

Lely Lotus 1325

このテッダーは、乾草の生産量と品質の点で数十年にわたって世界一でした。

Lotus 1325.png

2004

Lely ハイビスカス 1015 Profi

世界最大の2ローターセントラルデリバリーレーキ。

_CS76446.JPG

2005

Lely Astronaut A3

Lelyは、高度な搾乳ロボット技術を備えた最先端のデザインを提供するLely Astronautによって、高い信頼性と柔軟性を保証しました。

2005 astronaut a3

2005

Lely Splendimo Clip

非常にシンプルな発明によって、芝刈り機のブレードをタイムリーに、簡単に、そして何よりも安全に交換できます。

hero clip.JPG

2005

Lely Discovery スラット床用自動牛舎クリーナー

Lelyは、スラット床牛舎向けのインテリジェントなソリューション提供によって、牛舎内の最適な衛生管理に対する酪農家のニーズの高まりに対応しました。

Discovery close 2.JPG

2008

Lely Juno 餌寄せロボット

Lelyは、牛への粗飼料の自動供給に向けて大きな一歩を踏み出しました。

Juno hero.jpg

2009

Lely Welger RPC445 Tornado

Lelyは市場における最初の完全可変型ベーラーとラッパーとの組み合わせを発売しますした。

2009

2010

Lely Astronaut A4

Astronaut は、モジュール方式で設置されます。セントラルユニットは、ロボットユニット用のバキュームおよびクリーニングシステムを備えています。

2010

2012

Lely Vector

1日に数回、新鮮によく混ぜ合わされた飼料を牛に与えることにより、戦略的な給餌で、今までより時間をかけずにより良い成果を達成できます。

_CSO9441.JPG

2013

Lely T4C InHerd

モバイルアプリによる、革命的な牧場管理ソフトウェア。

Herd management software, T4C InHerd, provides a constant overview of your farm and cows that need your attention so you can take action when it is needed.

2014

20,000台目のLely Astronautロボットが設置されました

Lelyは、Lely Astronautによるロボット搾乳で画期的な売上を達成しました。

20000 astronaut.jpg

2014

Lely Welgerの継続的なベーリングコンセプト

Lely Welger CBコンセプトの試作品が導入されました。酪農家はその継続的な品質、容量、快適さを認めています。

2014 CB concept

2016

レリー Astronautパッケージの発売

お客様の要望に適合した、オプションのパッケージを選択できます。

2016

2017

牧草作業機の売却

世界中の牧場に焦点を絞る戦略的選択により、AGCO Corporationへ当社の飼料収穫機を売却を決定。

sale forage.png

2017

Lely Discovery Collector

Discovery Collectorは、牛舎通路用に特別に設計されており、従来のバーンスクレーパーに比べ、画期的で多様性をもったアプローチをしています。Collectorは糞尿を押さず、吸引します。従って、牛が糞尿が蓄積された上に立つことは過去のものとなります。

Lely Discovery Collector.jpg

2017

酪農オートメーション25周年

Lelyがロボット搾乳を導入したときに、酪農分野での自動化の時代が本当の意味で始まりました。

2017

2018

Lely Astronaut A5

Lely Astronaut A5 の導入によって、牛にとって最適な行動の自由を達成できます。フリーカウトラフィックの導入によって、牛はいつ餌を食べるか、水を飲むか、休息するか、または搾乳するかを自分で決めることができます。

Lely Astronaut A5.JPG

2020

André van Troost CEO

Alexander van der Lelyの後任として、André vanTroostがLelyGroupのCEOに就任しました。Alexander van der Lelyは、監査役会の会長になります。 

History-Page-120.jpg

なぜ Lely なのか?

世界中の酪農家は自分たちの牧場をどのように設立し経営するかについて数々の選択を行っています。酪農家の皆様が牧場と自分自身のためのベストな選択をできるように、私たちは毎日サポートしています。私たちは現在、そして未来にわたりサステナブルな乳生産と牛肉の供給のため、効率的な牧場管理に貢献するアドバイスと革新的なソリューションを提供しています。

上部