Lely アストロノートの衛生 - 農家として何ができますか?

衛生は搾乳にとって重要な側面です。乳房の健康とミルクの品質を維持し、不必要なロボットのメンテナンスを回避するために、ロボットの周囲を適切かつ適時に清掃することが重要です。この記事では、1日2回のロボットクリーニングの最適なルーティンについて説明します。

Management, Cow health, Milking

Lely Astro HygienFarmer - FI JP

ロボットの稼動を停止し、作業しやすいサービスポジションに配置します。次に、温水、石鹸、ブラシを用意します。必要な手順:

2. daily-routines-en_1.png__600x600_q70_crop_subsampling-2_upscale.jpg

ロボットアーム、レーザーハウス、ティートカップ、ツインチューブを洗浄します。冷水で洗い流して下さい。ブリードホールニードルを使用して、各ティートカップのブリードホールを清掃します。

daily-routines-en_2.png__600x300_q70_crop_subsampling-2_upscale.jpg

ホースクリップとホースにひび、割れ目、穴がないか確認し、カップコードを点検します。コードの摩耗をチェックし、必要に応じて短縮し交換します。 

daily-routines-en_4.png__600x300_q70_crop_subsampling-2_upscale.jpg

ティートカップのカバープレートを洗浄します。アームにブラシをかけ、冷水ですすいで下さい。Lely アストリ-L 殺菌剤が乳頭ブラシにスプレーされているかどうか、匂いから確認し、ブラシの毛がしっかりしていて完全な長さであるかどうかを確認します。ブラシの間に隙間があってはなりません。古いタイプの乳頭ブラシの場合は、クリーニング後に乾いたピンがブラシに触れて乾かしていることを確認してください(牛に蹴られた場合はこれらを移動できます)。

daily-routines-en_3.png__600x300_q70_crop_subsampling-2_upscale.jpg

Astri-TDSでレーザーをスプレーして洗浄します。きれいなティッシュできれいに拭き取ります。

この後、ロボットエリア全体と牛の立っているエリアを洗浄して、糞尿を取り除きます。ロボットアームには壊れやすい部品があることに注意してください。そのため、上記の部品は水でのみ洗浄するようにしてください。Lely フォームクリーナーは、ロボットエリアを掃除するために特別に設計されていることに注意して下さい。

これに加えて、ロボットの内部洗浄とティートスプレーのための化学物質が利用可能かどうか確認しておくことをお勧めします。また、フィルターハウジングを洗浄し、ミルクフィルターを交換します。

このクリーニングには1日あたり約10分かかります。このわずかな時間の投資は間違いなく価値があります。汚れがたまる可能性がなく、良好な乳質と牛の健康が維持され、不必要なアラームが防止されます。

上部