content

Dairy XLチームは、自動化を目指し将来へ向けて成長しようとする世界中の酪農家のために存在しています。自動化された牧場を新規設立することをお考えの方は、Dairy XLの熟練したサポートを利用することができます。人、牛と技術を結びつけることにより、牧場が可能な限り効率的な方法で、最高の品質と量の牛乳を生産できるように支援します。

農業分野は、高品質な食品に対して高まるニーズに応えなければならないという課題を抱えています。規模拡大が鍵を握っています。規模拡大するために当社の自動搾乳システムを選択することは、すなわち、実績のある手段を選択するということです。当社は世界中の酪農家と20年以上歩み続けた経験を持っています。

500頭以上の牛群を持つ牧場はDairy XLとの完璧なパートナーシップを結ぶことができます。持続可能で収益性が高く豊かな将来にお客様をご案内いたします。

パンフレットをダウンロードする

お客様の声
Dairy XLとは

実践しながらの規模拡大

ゆっくりとした漸進的な規模拡大は確実な結果をもたらします。進歩的な規模拡大の完璧な例としてアメリカのヘムデールファームズをご紹介します。ここでは長期的な規模拡大を達成することに成功しました。

下の図を見てヘムデールファームズがどのようにして一歩一歩規模拡大を遂げて行ったかをご覧下さい。

「牛舎での作業は、人が行う必要のある作業が少ないほど簡単になります。」

ヘムデールファームズの規模拡大
None
None 2007 2009 2010 2014 2015
台数
搾乳ロボット アストロノート 4 12 13 17 19

Dairy XL の原則

牛舎はもはや搾乳が行われる場所ではなく、むしろ牛群管理が行われる場所です。このことは牛舎コンセプトにとって重要な原則です。Dairy XLは牧場の自動化を更なるレベルに引き上げ、お客様のビジネスを自動化するための最善の方法を一緒に検討します。ファームマネジメントサポートのスタッフがその後、お客様が選択された自動化によって規模拡大が達成され維持するのを支援します。

自動化の中心には牛が存在し、日々の作業に適応する対象となります。牛の行動、健康、泌乳サイクルは牧場の設備導入または再整備する際の基本原則です。これらはLely T4C管理システムの牛に関するすべての情報によってさらにサポートされます。

そのため我々のアドバイスと作業方法は常に3つの基本原則に基づいています:

  1. 牛には時間が無い。
  2. 牛の周りで仕事をする。
  3. 管理に重点を置くことで効率性を向上させる。

これにより最終的な結果が向上します。乳量の面だけでなく牧場全体のためにも、より少ない労力でより多い結果を得ることができるようになるのです。

関連製品

Lely Astronaut

搾乳の新たな一歩

可能な限り一貫して最適化された方法で搾乳を開始しましょう。ハイブリッドアームや直感的なユーザーインタフェースなどの最先端のシステムや構成品を利用することにより、エネルギー消費量を削減し、牛と農家双方の休息時間を増やすことができます。搾乳分野における新たな一歩により、これまでとは明確な違いを生み出すことができます。

Lely Vector

新鮮な飼料を柔軟に給餌

給餌戦略に基づき、新鮮で十分に混合された飼料を1日に数回に分けて牛に与えることでより良い成果を達成できます。しかも今までよりも時間を要しません。Lely Vectorは牛の健康と高い生産性のために、人件費、給餌費、燃料費を最小限に抑え、新鮮な飼料を供給します。

Lely Juno

飼料摂取量増加がこれまでになく容易に

Lely Junoは、1日に複数回繰り返される餌寄せ作業を人の代わりに行います。定期的に餌寄せを行うことにより、常に牛の届く範囲内に飼料が置かれます。ランクの低い牛でも、ルーメンの健康と成長にとって最適な粗飼料を摂取することができます。

なぜ Lely なのか?

世界中の酪農家は自分たちの牧場をどのように設立し経営するかについて数々の選択を行っています。酪農家の皆様が牧場と自分自身のためのベストな選択をできるように、私たちは毎日サポートしています。私たちは現在、そして未来にわたりサステナブルな乳生産と牛肉の供給のため、効率的な牧場管理に貢献するアドバイスと革新的なソリューションを提供しています。

上部