Benefits

継続的に牛の健康状態を把握

牛の健康状態を正しく把握することで、病気や生産損失を防ぐことができます。Lely Qwes個体識別システムは、2時間ごとに各牛の最も重要なデータを測定するため、牛の活動について深く把握でき、いつ対処する必要があるかを知ることができます。

優れた繁殖性

最適な授精タイミングを正確に把握することにより、授精の精度を高められます。また分娩間隔を短縮するのにも役立ちます。Qwesシステムには発情検出機能も搭載されており、牛が発情しているとLely T4Cに信号が送られるため、授精を適切なタイミングで確実に実施することができます。

反芻監視による異変の早期警告

反芻パターンの変化は、潜在性の異変の初期兆候です。反芻活動を監視するQwesシステムは異変についての警告を行います。これらのデータをLely Astronautからの乳量情報にリンクすることにより、牛のパフォーマンスと牛群の採食性への影響を総合的に監視しています。

選択の自由

広範囲にわたるオプション

Qwes個体識別システムには特徴が異なる様々なタグがあります。牧場、要望、目標に応じた最適なタグを選択して下さい。
(2021年現在、日本国内ではQwes HR LDnタグのみの取扱いとなっています)

Qwes ISO ID

識別は自動搾乳に不可欠です

Qwes ISO IDは識別のために特別に作成されたタグです。識別を必要とする各牛はロボットと他のすべてのLely周辺機器によって識別されているます。Qwes ISO IDは、私たちの製品群の中で最も基本的なタイプのタグです。

Qwes ISO LD

授精タイミングを完璧にするために

ネックバンドタイプのQwes ISO LDを使用する場合、ロボット内部にはISO識別装置がありますが、発情に関しては、アンテナによって広範囲で読み取られます。匂いを嗅いだり顎を休めたりする動作は、発情していることを示す首の動きですが、ISO LDによって昼夜問わず簡単に検出されます。長距離データ転送経由ですぐに(リアルタイムで)データを利用できます。アンテナは一方向で最大75メートルの読み取り信号を受信することができます。

Qwes ISO LD Plus

個体と牛群レベルで発情と健康を測定

Qwes ISO LD Plusタグは、ISO方式による個体識別、発情検知を行い、個体だけでなく牛群レベルでの活動と不活発、 摂食と反芻といったパラメータに基づいて健康通知を送信します。長距離データ転送により、すぐに(リアルタイムで)利用できます。アンテナは、一方向で最大75メートルまでの読み取り信号を受信できます。

Qwes HR-LDn

反芻データと他のセンサーとの組み合わせ :繁殖のための最良の基礎

このタグは、Qwes H-LDタグの機能に加えて、反芻活動、総合的な活動、個体および牛群全体の健康状態に関する情報を提供します。データは無線周波数でリモート送信されます。その結果、搾乳牛、未経産乳牛、乾乳牛を1日24時間監視することができます。

Qwes ISO LD Smarttag

個体位置情報、発情と健康管理のための、放牧と反芻に関するリアルタイム監視

このタグは、活動量と放牧を測定するだけではなく、牛個体の反芻行動に関するデータを提供します。これにより、各牛の最適な授精時期が把握され、牛の現在の健康状態もわかります。このタグには、オプションでLelyカウロケーター機能を追加することができ、注意が必要な牛や捕まえなければならない牛に、これまで以上に迅速かつ簡単に対応します。

比類のないサービス

ご購入後も生産プロセスの最適化をサポートします。

24時間365日の技術サポートを行います。

関連製品

搾乳

高品質の牛乳を生産するには時間と手間がかかり、健康で幸福な牛が必要です。それには正しい選択を行うことが必要です。お客様の目標に合った選択をしなければなりません。当社の自動搾乳システムによるソリューションは、お客様の目標達成のお手伝いを致します。

上部